茶のしずく石鹸による被害にはこのようなものがあります!

福岡県にある石けんの製造会社悠香が販売していた「茶のしずく石けん」 その石けんを使って、アレルギーを発症してしまった人が沢山いましたね。

茶のしずくの旧商品は、2005年から2010年までの5年間で4650万個販売されていましたが、 この商品に含まれる小麦加水分解物によって、小麦アレルギーを発症してしまうケースがあったそうです。

被害を報告した人は1千人を超えていて、 分かっているだけでも569人がアレルギーを発症しているとのことです。 そのうちの66人は重いなアレルギー症状が出たようですね。

千葉県の女性は、茶のしずく石けんを使って3年目に発症。 ランチにパスタを食べた後、急に嘔吐や下痢をして、けいれんを起こして呼吸困難に陥ったそうです。

それまで小麦アレルギーを持っていなかったにもかかわらず、 緊急搬送された病院で、小麦アレルギーだと判明したということ。

それからというもの小麦を使った食品を食べられなくなり、 パンや麺類、加工食品などにも小麦が入っているため外食が難しくなってしまい、 会社には弁当を持っていくようになったとか。

その他にも、茶のしずく石けんが原因のアレルギー症状として、 顔のかぶれや全身のかゆみが出たり、呼吸困難や血圧低下などの重篤な症状が出るケースもあったようです。

兵庫県の女性は、アナフィラキシーを発症して意識不明になったみたいです。 その後、意識は回復はされたそうですが、とても怖いですね。

こういったアレルギーの原因となった物質は、 「グルパール19S」という小麦タンパク質の成分で、主に保湿を高める効果で使用されました。 茶のしずく石けんを使いつづけていくうちに皮膚の中に入り込み、発症したのでしょう。

石けんの使用を止めると、アレルギー症状は改善して、 体内の原因物質も1年未満で減少したため、小麦を使った食品を食べられるようになった人も多いようですが、 今なお、小麦アレルギーや心の傷が残って苦しんでいる人がいると言われています。

 

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>